ニュース&トピックス

「Microsoft 365 E5」導入~運用のポイント

トピックス

E5main.png

「Microsoft 365 E5」
ゼロトラスト時代に安心のビジネスを

■グループウェアに潜む「セキュリティリスク」

グループウェアには、サイバー攻撃から守るべき様々な情報資産が蓄積されます。 「社内外のメール」「ストレージ保存のファイル(資料)」はもちろんのこと、アクセスするための「ID/Password」は漏洩の許されない情報です。

しかしながら、日夜行われるサイバー攻撃により情報が盗まれる被害は、後を絶たないのが実情です。そこで必要となるのが「セキュリティ対策は万全ではない」という「ゼロトラストの考え」を持った備えです。

 

■Microsoft 365 E5のセキュリティ機能

Microsoft社のグループウェア「Microsoft 365」では、あらゆる側面でのセキュリティ機能が充実した「Microsoft 365 E5」というプランが提供されています。セキュリティ対策の見直しをご担当されている方は是非チェックしてください。

 

<M365 E5で実現するセキュリティ対策>

①メールの監視
悪質な添付ファイルや、フィッシングサイトへ誘導するリンクを分析
②機密情報の保護
機密情報を自動で分類・暗号化し漏洩防止
③不正ログインの検知
不審なIPからのログインや、ブルートフォース攻撃と思われるログインの検知と対処
④異常行動の検知
SharePoint等からのファイルの大量ダウンロード等、異常と思われる行動を検知・可視化
⑤エンドポイントの保護
ユーザー利用端末に対する、攻撃の検知および自動対処

 

導入から運用までサポート

aw_contact_btn.png

※お問合せの際は「問合せサービス」の「マネジメント(運用)」をご選択の上、
「問合せ内容」に「E5について」とご明示ください。

 

■【セキュリティ効果を最大化!】現状調査・設計デザイン・導入・運用

E5_1234.png

<PSCが提供するE5ソリューション>

❶アセスメント
CIS Controlsのガイドラインに基づいた調査や、企業のセキュリティポリシーに基づいた調査・報告。
❷設計デザイン
Azure Sentinelを活用したサードパーティー製品を含めた統合運用プランの策定とWorkShop開催。
❸導入支援
優先順位とE5製品の必要な連携を意識した導入スケジューリングとFastTrackを活用した導入支援。
❹運用(セキュリティマネージド)
多岐にわたる製品から相関分析された重要アラートの整理と月次で提案する強化対策。

 

PSCは国内わずか
9社しか認定されていない
FastTrack Ready Partner
(2021年7月現在)(2021年7月現在)

aw_ft_partner.png

 

導入から運用までサポート

aw_contact_btn.png

※お問合せの際は「問合せサービス」の「マネジメント(運用)」をご選択の上、
「問合せ内容」に「E5について」とご明示ください。

 

aw_jisseki.png

PSC SOCはセキュリティの
スペシャリストチーム

 

無償ワークショップもご用意

aw_contact_btn.png

※資料請求の際は「ご希望の資料サービス」の「マネジメント(運用)」をご選択の上、
「備考欄」に「E5について」とご明示ください。

 

株式会社ピーエスシーが提供しております「セキュリティマネージドサービス」は、経済産業省が策定した情報セキュリティ基準にした適合したサービスとして登録されております。なお、本登録は当社の「脆弱性診断サービス」に続く登録となります。

aw_service_certification.png

一覧に戻る