よくある質問

寄り添いから
共創するセキュリティ対策

実際にセキュリティ対策を進めるにあたって、何から始めてらよいか分からない事も。
そもそも対策の対象は何かを端的に言えば内と外。
社外と社内と言っても考慮すべきは、システム、業務プロセスや作業を行う人的要素、
または外部ベンダーなど、攻撃者の侵入経路は複雑多岐に渡ります。
セキュリティ(脆弱性)診断から運用、さらにはセキュリティインテリジェンス(相関分析)まで
一気通貫でコンサルティングする事で、未来を見据えた永きに亘る「安心の共創」をお届けします。

当社ピーエスシーでは、多種多様なお客様企業に長年「安心」をお届けしてきました。
業界に精通し実績豊富なエキスパートが、お客様のあらゆる不安と向き合います。

他社のSOCサービスで、監視に使用する機器を自由に選択ができないと言われました。御社が指定する機器以外の製品でも対応可能ですか。
幅広く取り扱い製品を扱っていますので、お客様に合った製品の選定が可能ですし、中にはお客様が現在運用している製品をPSCにアウトソースされるケースもございます。
オフェスフロアで運営しているSOCがあると聞きますが、セキュリティの高い施設でのSOCサポートを探してます。
PSCが24時間365日運用を行う施設では、カード認証、指紋認証等マルチ認証を行っております。 (入館からサーバルームに入室するまで、合計9ヶ所のセキュリティチェックポイントを通過する必要があります。)また監視ルームはISMSに準拠し「セキュリティレベルA」と最も厳しい管理をしており、入室管理、持込物品、盗難紛失対策、施錠を徹底しております。
他社のSOCサービスで、SOCの基本サービスパターン以外の運用はできないと言われました。弊社の運用に合わせた運用設計は可能でしょうか。
可能です。個々のお客様に合わせた柔軟な対応がPSCの強みですので、お気軽にご相談下さい。
アラートの連絡をもらった後、どう対応すればよいか分からない。そんな時にこそサポートしてもらいたいのですが。
システムの状況に合わせて、アラートや分析結果に対してシステム変更を行うのか、セキュリティツールで防御するのか、様子を見るのか、SOC側でアナリストが対応する時間によって料金は変わりますが、月に一度お客様への報告会を行い推奨対応をご報告するケース、インシデントの発生都度サポートするケースなどがあります。