ニュース&トピックス

Adobe Acrobat および Reader の脆弱性対策について(APSB21-55)(CVE-2021-39863等)

ニュース

【概要】

アドビシステムズ社から Adobe Acrobat および Reader に関する脆弱性(APSB21-55)が公表されています。

アドビシステムズ社からは、「過去に攻撃リスクが高いとされたことのある脆弱性」としてアナウンスがされているため、早急に修正プログラムを適用して下さい。

【対象】

  • Acrobat DC(Continuous)
     2021.005.20060 およびそれ以前のバージョン (Windows)
     2021.005.20058 およびそれ以前のバージョン (macOS)

  • Acrobat Reader DC(Continuous)
     2021.005.20060 およびそれ以前のバージョン (Windows)
     2021.005.20058 およびそれ以前のバージョン (macOS)

  • Acrobat 2020(Classic 2020)
     2020.004.30006 およびそれ以前のバージョン (Windows)
     2020.004.30006 およびそれ以前のバージョン (macOS)

  • Acrobat Reader 2020(Classic 2020)
     2020.004.30006 およびそれ以前のバージョン (Windows)
     2020.004.30006 およびそれ以前のバージョン (macOS)

  • Acrobat 2017(Classic 2017)
     2017.011.30199 およびそれ以前のバージョン (Windows)
     2017.011.30199 およびそれ以前のバージョン (macOS)

  • Acrobat Reader 2017(Classic 2017)
     2017.011.30199 およびそれ以前のバージョン (Windows)
     2017.011.30199 およびそれ以前のバージョン (macOS)

【対策】

脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用

アドビシステムズ社から提供されている最新版に更新してください。


【参考情報】

出典:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

一覧に戻る