ニュース&トピックス

更新:Microsoft 製品の脆弱性対策について(2020年8月)

ニュース

【概要】

2020 年 8 月 12 日(日本時間)に Microsoft 製品に関する脆弱性の修正プログラムが公表されています。
これらの脆弱性を悪用された場合、アプリケーションプログラムが異常終了したり、攻撃者によってパソコンを制御されたりして、様々な被害が発生するおそれがあります。

この内 CVE-2020-1380、CVE-2020-1464 の脆弱性について、Microsoft 社は「悪用の事実を確認済み」と公表しており、今後被害が拡大するおそれがあるため、至急、修正プログラムを適用して下さい。

---2020 年 8 月 20 日 更新---
Microsoft 社は、2020 年 8 月 20 日(日本時間)に CVE-2020-1530、CVE-2020-1537 のアドバイザリを更新し、「Windows 8.1」「Windows Server 2012 R2」も当該脆弱性の影響を受けると報告しています。
攻撃が行われた場合の影響が大きいため、早急に修正プログラムを適用して下さい。

---2020 年 9 月 15 日 更新---
CVE-2020-1472 について、攻撃コードが公開されているとの情報が公表されています。
攻撃が行われた場合の影響が大きいため、2020 年 8 月のセキュリティ更新プログラムを未適用の方は、早急に修正プログラムを適用して下さい


【対策】

脆弱性の解消 - 修正プログラムの適用

Microsoft 社から提供されている修正プログラムを適用して下さい。
Windows Update の利用方法については以下のサイトを参照してください。

   〈Windows Update の利用手順 – Windows 10 の場合〉
   https://msrc-blog.microsoft.com/2018/10/18/wumusteps_win10/別ウィンドウで開く

   〈Windows Update の利用手順 – Windows 8.1 の場合〉   
   https://msrc-blog.microsoft.com/2018/10/18/wumusteps_win81/別ウィンドウで開く



【参考情報】

出典:独立行政法人情報処理推進機構(IPA)

一覧に戻る