8/26(水)開催『CISCO製品でできる最新サイバーセキュリティ対策』セミナーに講演をいたしました。

2016年9月6日

ICTサービス全般の企画・開発・設計から構築・導入、運用・保守までをワンストップで提供する株式会社ピーエスシー(本社:東京都港区、代表取締役社長:鈴木 正之)は、2016年8月26日(金)に『CISCO製品でできる最新サイバーセキュリティ対策』セミナーに講演をいたしました。弊社第二事業部本部長の坂江と、部長の中村が登壇いたしました。

株式会社ピーエスシーのセキュリティソリューションは、マネージドセキュリティサービス、Webアプリケーションファイヤーウォール、不正侵入検知で実現する「アタック防御」の仕組みだけではなく、侵入されてしまった時の被害を最小化する仕組みとして、WEB改ざん防止サービス、ファイヤーウォール運用サービスを導入することを特徴としています。

これは、24時間365日 セキュリティリスクと戦うエンジニアが顧客のWEBシステムとそこに蓄積されるデータを守るスキームを持つピーエスシーならではの、セキュリティソリューションです。

セミナーの様子

セミナーの様子

【セミナー概要】
サイバーセキュリティ対策において、防御のみの施策には限界があります。
入口・出口対策のセキュリティ施策である、FWによる保護やIPS/IDSによるパターン検知、WAFによるWebサイトの防御を行っても、ターゲットとされた企業は攻撃被害を受けているのが現状です。
見逃されているネットワークデータから得られる危険の予兆は、CISCO製品とStealthWatch Systemによる高度なネットワークデータ解析で、サイバー攻撃の兆候を積極的に検知することができます。

セミナー名 CISCO製品でできる最新サイバーセキュリティ対策
会場 IBM 箱崎事業所
期間 2016年8月26日(金)
時間 14:00~17:00
主催 株式会社ピーエスシー
協力 リスク対策.com(新建新聞社)
タイトル ネットワークモニタリング、傾向分析からセキュリティを強化するStealthWatchのご紹介
講演者 第二事業本部 セキュリティサービス事業部
中村 晃久 (なかむら あきひさ)
タイトル セキュリティ対策の運用とは
「サイバー攻撃には、動作傾向がある」「攻撃成功から被害発見までの時間差を見逃さない」
講演者 第二事業本部 本部長
坂江 敦基 (さかえ あつき)

■株式会社ピーエスシーがご提供する「WEB脆弱性診断サービス」サイトのお問合せはこちら

新着情報一覧へ

料金

脆弱性診断の料金と合わせて出来るオプションの料金をご紹介します。

料金の詳細へ

実績

脆弱性診断の導入実績を実施年月と検査対象物を元に紹介します。

実績の詳細へ

サービス紹介

脆弱性診断の特長・診断内容を紹介します。

サービス紹介へ

お申し込み・お問い合わせはこちら

03-5408-5155(代表)

「脆弱性診断の件で」とお伝え下さい。